トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DEATH NOTE -デスノート- Page.37・新世界








そうだ、ボクがキラだ――――!!


ニアに完全なる証拠を突きつけられ
月は、キラとしての最終手段に出る事になる

感動アリな?最終回~~~ww


キャプ画像と併せて、ストーリーを振り返っていきます~!!


ラスト記念でキャプ画大増量ですが
その大半を、月さんが占めてしまうという罠も・・・・?(笑)



確たる証拠


魅上が、デスノートに名前を書き込み
効果発動まで、カウントダウンが開始されて

ちょうど、40秒が経過する直前!


月がニアに対し、自信満々に完全勝利を宣言して――――









月:罠だ・・・・コレは罠だ!! ノートに名前を書いても
  死なないというのは、オカシイじゃないか・・・っっ!?




誰も死ぬことなく、取り乱しまくる夜神月さん・・・・負けたwww


魅上に、本物のデスノートを持って来させ
月の思惑通り、着実に事を進めてると思われましたが

40秒以上経っても、誰一人として死なず


ノートに名前を書かれていない者=キラで、幕引きに・・・・(苦笑)


いつも冷静な月も取り乱してる一方で
「だから、細工したと言ったじゃないですか!」


冷静に、月をツッコんであげてるニア・・・・さすが!(笑)









ニア:夜神月、L、キラ! あなたの負けです!!



負けを宣告しながら、相手も称えるニア・・・・ここでもさすが!!(爆)


どうやら、途中までは月の思惑通りだったものの

メロが高田を誘拐した事件に関して
月が、デスノートの切れ端で高田を殺した一方で

魅上は、月が動けない状況だと考え


金庫に隠していた本物をノートを出し、魅上も高田をっっ



実は2人から殺されてた高田・・・・もう、死ぬしかないじゃないか!!ww



で、この魅上の行動を見ていた
ジェバンニが、本物のノートの存在に気付いて

ノート丸ごと擦り替える事で、形勢逆転したらしい・・・・(苦笑)









ニア:私もメロも、1人では目標のLを越す事が出来ないかもしれない。
   しかし2人なら・・・2人ならLに並べる! Lを越せる!!




ワイミーズハウスの天才トリオ指人形、夢の競演~~~~♪♪(笑)


Lとの対決でさえ、海砂を盾にして
死神・レムのファインプレーで辛くも勝ったのに

ニアとメロの、次期L候補コンビで


Lの探偵能力を越えられたら、そりゃ勝てないはずだわ・・・・


ってか、余計な感じだったメロ要素がココにきて活きましたねwww



終焉 ~ 新世界


完全なる証拠を突きつけられて
残された道が無い、月が最後に採った行動は

自分が、キラである事を自白し


キラ存在の肯定意見を述べる、ある意味“開き直り”戦術!(笑)









月:ならば、どうする? ココで殺すか!?
  いいか! ボクはキラ・・・・そして、新世界の神だ!!




キラの存在は、完全な悪とは言い切れず

キラという“裁きを下す者”が居る事で
世界の犯罪、戦争が大幅に減ったことも事実であり


“犯罪の無い世界”を創ることも夢ではなくなってるのが現状!



しかしながら、キラも大量殺人犯には変わりないわけで・・・・・・



キラの存在意義を説く月に対して
周囲は全くの無反応+冷た~~い視線が注がれ――――









月:言っても分からぬ、バカばかり――――!!



負けてる状況ですが、なぜか勝ち誇ってる月さん・・・・さすが!(爆)

<今回の感想は、“さすが”のオンパレードww


ニアの持つノートが本物かどうか揺さぶりをかけ
その僅かな隙に、腕時計のノートでニアを殺そうとして


月は、最後の最後まであきらめない精神を見せ付け・・・・・









何か、やけに松田が、月を的にして強気に銃を乱射~~~~っっ!?(汗)









リュ:もうお前は終わりだ、ココで死ね!
   互いに退屈しのぎになったじゃないか、色々面白かったぜ!!




楽しめたんなら、お礼の意味も込めて殺すなよ!とwww


月の名前を書き間違えるオチもなく

デスノートを使って世界を創ろうとした者は
そのデスノートによって死ぬ事で、全ての幕が閉じる――――。。









最後に、高いクオリティを維持し続けてきたスタッフ・・・・さすが!!(笑)


そして、長いようで短かったですが
『DEATH NOTE -デスノート-』感想、これにて終了!


今まで感想記事を読んで頂いた皆様、ありがとうございました。 m(_ _)m


今後とも、『トリビアな雫』を御ひいきに+改めてよろしくお願い致します。
最後に、ぜひともBLOGランキングへの応援クリックを~! m(_ _)m



↑↑↑ (≧∇≦)p ポチッ!とお願いします q(≧∇≦) ↑↑↑


DEATH NOTE HOW TO READ 13DEATH NOTE HOW TO READ 13
(価格)¥680
(ポイント) 6pt 【1%】
通常2~3日以内に発送

  DEATH NOTE vol.8 特典:シドウフィギュア
  (定価)¥3,990
  (価格)¥2,993 【25%OFF】
  予約受付中

  DEATH NOTE vol.9 特典:ニアフィギュア
  (定価)¥3,990
  (価格)¥2,993 【25%OFF】
  予約受付中


テーマ:DEATHNOTE - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/06/29(金) 18:06:31|
  2. DEATH NOTE
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0
<<東京おもちゃショー2007:ガンダムOO(ダブルオー)関連が充実! | ホーム | ヒロイック・エイジ 第12話・破滅の炬火>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/685-680b275d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DEATH NOTE #37 [最終回] 「新世界」

千秋楽はキラミュージカル!「HAHAHAHAHAHA~ そうだ、新世界を作れるのは僕しかいない!」悪あがきっぷりのオーバーアクション、月が舞い踊る!??! ↓ ↓
  1. 2007/06/29(金) 18:14:55 |
  2. マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

DEATH NOTE 第37話(最終回)「新世界」

そうだ、僕がキラだ――。死を司るノートを拾った少年は、新世界の神を目指した。多くの犠牲の上に、世界は死の神に平伏す――キラという神に。最後の審判、デスノートを巡るゲームの終焉…ついに最終回! 最後の
  1. 2007/06/29(金) 19:13:44 |
  2. SERA@らくblog

DEATH NOTE デスノート 第37話 「新世界」(最終回)

DEATH NOTE  評価:4.0  [犯罪]  日本テレビ : 10/03 24:56  原作 : 大場つぐみ 漫画 : 小畑健  「週刊少年ジャンプ」(2004年~2006年連載)  監督 : 荒木哲郎  アニメ制作 : マッドハウス   http://www.ntv.co.jp/deathnote/
  1. 2007/06/29(金) 20:13:24 |
  2. アニメって本当に面白いですね。

DEATH NOTE 最終話 「新世界」

「ニア、僕の勝ちだ」最高の笑みで勝利宣言した月w運命の40秒が過ぎたが・・・
  1. 2007/06/29(金) 22:24:35 |
  2. リリカルマジカルS

DEATH NOTE #37「新世界」(最終回)

僕はキラ そして 新世界の神だ
  1. 2007/06/30(土) 00:09:27 |
  2. *菜那のつぶやき*

くっくっく…計画通り!!

アニメ版「デスノート」が終わっちゃいました(・3・)DEATH NOTE Vol.6大場つぐみ 小畑健 宮野真守 バップ 2007-05-23売り上げランキング : 1076おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools最初から最後まで作画も崩れず、というか物凄いクォリティのまま最...
  1. 2007/06/30(土) 00:46:51 |
  2. 焼きプリン定食(2個目

【最終回】DEATH NOTE 第37話「新世界」

思い出すだけでも笑えてしまう前回の放送でしたが、最終回もご多分に漏れず月と魅上の顔芸を拝むことが出来ました(笑)しかし宮野さんの演技があまりにも凄まじかったためか、笑えるというよりも「月哀れ…」と
  1. 2007/06/30(土) 01:30:58 |
  2. おもちやさん

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第37話 「新世界」

DEATH NOTE Vol.8月の呼びかけにより、魅上がそこに現れた。彼は、デスノートにニア達の名前を書き込んだと言う。月は勝利を確信し、勝ち誇ったかのような笑みを浮かべた・・・。
  1. 2007/07/26(木) 19:19:22 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#037 「新世界」

品質評価 47 / 萌え評価 14 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 33 / お色気評価 1 / 総合評価 26レビュー数 106 件 魅上が、倉庫内にいる人物の名前をデスノートに記入してから一分が経過―。誰も死なないことを確認したニアは、レスター、ジェバンニらに命じて
  1. 2007/08/27(月) 22:04:07 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。