トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天保異聞 妖奇士 幕間・ヒトハアヤシ

今も、ただの奇士だ―――。

最後の戦いに、鳥居も緊急参戦し
往壓さんのまさかの生存&漢神の連発でww

ラストは、アトルにプロポーズ!?


大団円+感動の最終話を、振り返っていきま~~す!!


ただ、最終話のときに限って
いつもと放送時間帯が変わってたりして

危うく、見逃すところでした・・・・マジでwww



前島聖天に眠りし神


『説二十四 後南朝幻想』において
元閥は西の者に加担し、往壓を殺した勢いで

奇士たちの基地ともなっている


“前島聖天”に殴りこみをかけることに――――っっ!?


小笠原さんと宰蔵がいてるものの

力には自信のある(はずw)アビでさえ
西の者の前には、歯が立たなかったらしくて



宰蔵へのトドメは、ダークサイドに堕ちた江戸元閥・・・・!orz



何か、マジで凹む・・・いろんな意味でwww


唯一のネタキャラの宰蔵が倒れたことで
完全に、ギャグ関連は捨てざるを得ない展開だしw

何と言っても、元閥の行動には“ガッカリ”です・・・・



小笠原さんを逃がすために自らを犠牲にした宰蔵とは大違い!!(爆)



まぁ、とりあえずグチはさておきww


前島聖天に来た、西の者の目的とは
江戸の地に眠る竜の妖夷を目覚めさせるためらしく

アトルの、現世への拒む心を利用して


蛇(竜)を相対する、ムカデの巨大妖夷が降臨~~~~~っっ(汗)



もう、どんなデカ物が来ても驚かない!www <慣れ


ただ、ムカデの妖夷ってことで
気持ち悪さでは、さすがに・・・・でしたけどね(苦笑)


その頃、前島聖天から逃げた小笠原さんは――――。


上司にあたる跡部らの屋敷へ行くと

「全て鳥居に責任を取らせる」ために
口裏合わせとして、手を縛れてしまうことに・・・・
orz



宰蔵を放ったらかしで、小笠原1人のんびり休養中~~~~ww



が、今回の小笠原さんは違いました!! <最終回だから?w



ちょうど、屋敷に来ていた
小笠原さんの師匠にあたる人に対して

“蘭学よりも大切なモノがあるんだ”と訴えかけ


再び前島聖天に戻ろうと、江戸城から向かおうとすると!


鳥居&変わった遊兵wが合流し

いよいよ、最終決戦の幕が開くのであった――――!! <ナレーター調w



奇士たちの戦い


前島聖天への潜入に成功した
小笠原、鳥居は西の者と戦いながら

風変わりな遊兵だけがアビ&宰蔵を救出へ向かい

2人の胸に手をかざし、漢字を・・・・!?



往壓さんが奇跡の復活キタ――――(゜∀゜)――――!!



しかも、それを見ていた元閥も
やっと来ましたか!的なノリで、再度寝返りwww


つまり、前回の真相とは

斬る直前に、元閥からの提案で
漢神“元”を取り出し、往壓を浄化させたことで

まさかの、往壓人間化に成功してww


竜しか斬れない剣では、人間である往壓を斬れなかったってわけ!!



かなりベタな展開なのに、素直に喜んでしまったっっ(汗)



宰蔵に対して攻撃を加えた点からも
元閥のイメージが、完全に落ちてたこともあって


何か・・・・良かったです、いろいろとww


で、あとは最終回といえば
主人公が大活躍するという原則に従って


往壓の漢神能力と各キャラのコラボレーション企画開催~~~~!(笑)


宰蔵:『宰』 ~ 王を守るための剣
アビ:『神火』 ~ 炎を纏った槍攻撃
元閥:『閥』 ~ 悪を切り裂く矛
小笠原:『放』 ~ 邪気を払うナックルパンチ
<1人だけ地味w


しかも、最終回スペシャルは伊達じゃない!!


鳥居:『鳥』 ~ 黒い鳥を創り出し、全員で飛行www









若本:ぶぅあっはっは! あやつ(往壓)め、やりおったわぁぁ!!

<前と同じ、コードギアスネタ使ってみるヤツww


ってことで、全員の漢神攻撃によりムカデ退治に成功!


相変わらず、妖夷との戦いは“あっけなく”幕切れしました・・・・(苦笑)


そして、異界へと消えたアトルを

ペガサス的なノリの雪輪と共に往壓出動―――っっ!


異界への憧れを捨てきれなかった
アトルを現世に呼び戻すべく、往壓が説得し始め

自分は、アトルに何も与えてやれない・・・・


でもアトルが傍にいれば、オレが生きていく力になるんだぁ―――!!


年の差を感じさせない、プロポーズ!www



アト:まぁ・・・それも悪くない理由だな!



え? もしかしてプロポーズ成立・・・・んな、バカなっっ!?(汗)


で、、ボーっと見ているとww

完全に後日談なストーリーが展開され始め
さぞかし、幸せな生活を送ってるんだろなぁと思ってると


別に、アレはプロポーズじゃなかったらしい・・・・(苦笑)


“蛮社改所”は無くなったものの
前島聖天を拠点に、妖夷の退治を続けていて


注目のアトルさんは、奇士の広報担当になってましたとさwww



これにて、『天保異聞 妖奇士』テレビ放送終了~~~!!


今度は、オリジナルアニメーションにて
この続きのエピソードが語られることになりますが

半年という、わずかな時間ではありましたが


感想記事を楽しみにして頂いていた方、ありがとうございました。。


今後とも、『トリビアな雫』をどうぞよろしくお願い致します~~。
最後に、ぜひともBLOGランキングへの応援クリックを~! m(_ _)m



↑↑↑ (≧∇≦)p ポチッ!とお願いします q(≧∇≦) ↑↑↑


天保異聞 妖奇士 二天保異聞 妖奇士 二
(定価)¥6,090
(価格)¥4,761 【22%OFF】
通常24時間以内に発送

天保異聞 妖奇士 三天保異聞 妖奇士 三
(定価)¥6,090
(価格)¥4,568 【25%OFF】
予約受付中

天保異聞 妖奇士 サウンドトラック天保異聞 妖奇士 オリジナルサウンドトラック
(価格)¥3,150
(ポイント) 31pt 【1%】
通常24時間以内に発送


テーマ:天保異聞 妖奇士 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/04/01(日) 11:23:58|
  2. 天保異聞 妖奇士
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<アニメ新番組に大いに期待~4月の月初め更新 | ホーム | コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE.23・せめて哀しみとともに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/602-b9ea06c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天保異聞 妖奇士 25話(最終回)「幕間 ヒトハアヤシ」

人は物語なしに、生きていけない――。 江戸元に斬られ往壓が倒れた。 西の者は、江戸上地下の前島聖天に現れ、眠れる妖夷を解き放つ! 蛮社改所、最後の戦い――。 サブタイは幕間といいつつ、一応の幕となりました^^ 最後は放三郎さんも大活躍!
  1. 2007/04/01(日) 14:53:04 |
  2. SERA@らくblog

天保異聞 妖奇士 #25 幕間 [最終回] 「ヒトハアヤシ」

往壓さん、中腰体制お疲れ様でした(´・ω・`;) ↓ ↓
  1. 2007/04/02(月) 07:48:21 |
  2. マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第25話 「ヒトハアヤシ」

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三前島聖天に西の者達が現われた。その中には元閥の姿が・・・。「今日より、前島聖天は我々後南朝のものとなる!」不敵なる宣言。宰蔵は、小笠原を逃がし、西の者に立ち向かう。だが、その前に立ちはだかったのがかつての仲間、元閥だっ...
  1. 2007/04/03(火) 03:28:48 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。