トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BLOOD+ Episode47・全ての血を超えて

これまでありがとう! ソロモンッ!!(泣)

今回の47話のタイトルから
ソロモンの活躍までは予想できたけど

まさか、BLOOD+でセオリーになりつつある


小夜から適度な距離にいるキャラへの容赦ない殺戮の餌食に!?


まぁ、最期はソロモンへの配慮があったし

案外、ソロモンの死は扱いが良かったかも・・・(苦笑)


エンディングを迎えた?方々


船に乗り、夕焼けを見ながら
これまでの自分たちの道を振り返り

岡村さんは、自分の父の跡を追いかけて
ついに真実を目の当たりにした感情を暴露し

さらに、デヴィッドもその意見に同意する・・・


オレたちは父のレールに乗っているだけなんだ!


だが、カイは彼らに意見する

確かに、父の影響はあるかもしれないが


この道を選んだのは、他ならぬ自分たちなんだ!!と


このセリフを聞いたときには
イイこと言うなぁ~って感心してましたが

よ~~~く考えてみました・・・・


このカイのセリフは、何を暗示しているのか!?


自分たちには、未来を選ぶ権利があり
また、その様々な未来の中から選べるんだ


確かに、与えられる未来は楽かもしれない


・・・・・・・・・・・・・・・・


でも、ボクたちはそれを知っている!
分かっていけることも、変わっていけることも・・・

だから明日が欲しいんだ!!

どんなに苦しくても、変わらない世界はイヤなんだっ!!


覚悟はある! ボクは戦うっ!!
<どっかで聞いた流れw



そうとも! デスティニープランに、反対~~~~っっ!!(爆)<違っw


・・・・・・・・・・・・・・・・


こういう流れに持ち込んでるんなら

あとは、カイにデヴィッド
岡村さんに、今回は無口なルイスの4人の中で

誰か1人が犠牲になって


『おかあさん』と呟きながら自爆すれば、晴れてエンディング!! <待てw



ってまぁ、おフザケはここまでにしてっっ(汗)


実際のところ、あの会話が終わって
夕焼けに染まる海に消えていく船の描写から

最後の戦いで、小夜は死んじゃったけど


生きてるオレたちは、小夜の分まで精一杯生きよう!!


って誓い合って、エンディングみたいな・・・(笑)


ベタって言えばベタなんですが
あながち否定できない流れでもあるよね・・・


以上、勝手極まりない“妄想劇場”をお届け致しましたぁ~



ソロモンに尽きるでしょ!?


正直、ソロモン以上に
ネイサンの存在感も光った気がします

一応、メインはソロモンのお話です!(笑)


ソロモンによる、一瞬間だけ小夜のために生きた姿です!!


ジェイムズの圧倒的な力の前に
成す術無く、やられてしまう小夜を助けるべく

もうお馴染みになりました・・・


ソロモンよ、私は帰ってきたぁぁぁ~~~~っ!! <言ってないw


ホントに、危機一髪の場面に
環境に配慮した“クールビズ”スタイルで(苦笑)

暑さを感じさせない、爽やかな登場~~!!


もちろん、バックには『vestige -ヴェスティージ-』を選曲! <してないorz


そんなwソロモンだったのに

小夜のピンチを助けたものの
ディーヴァの血が、だいぶ不足してるために

ジェイムズの猛攻を防ぎきれず


小夜の血の通った剣が、優しく?肩を斬ってしまうわけで・・・(苦笑)


ただ、不屈の精神で立ち上がり

それを見たハジが、一種の余裕から


今だけは小夜のシュヴァリエであることを認めてくれましたぁ~~~!(爆)


ちゃんと、小夜の剣が
ソロモンの肩を斬ったところを見てるのが

何とも、嫌らしいところです・・・(苦笑)


コイツの命は、もう終わっちまったな・・・(にやっ!)みたいな


最終的には、ソロモンが見守る中

ソーンの現れたジェイムズに対して
ハジと飛びながら、剣でグサッ・・・っていう

何とも言えない・・・ダサめな感じで


誰もが呆然としてしまった(はず!)終わり方でした(笑)


ルル:モーゼスたちが守ってくれたんだぁ~!


っていう、無理矢理な理由付けも見逃せないところっ!?(汗)


で、今回の主役・ソロモンは

小夜の血が全身に回り始めながらも
目の前のアンシェルを倒そうと頑張ったものの


ついに力尽き、ソロモンさんがお亡くなりに・・・・


でも、実はここからでした!


ソロモンの死への悲しみを増幅させた
彼の最期の場に立ち合わせた、アンシェルの言葉


アン:このバカ者が・・・!?


このセリフが、ホントに良かったです!

初めて、アンシェルに好感が持てた気がしてたり



では最後に、ソロモンさんへ! ご冥福をお祈りいたします!! m(_ _)m



アンシェル兄さんのグッジョブを称え
よろしければ、BLOGランキングへのご協力お願いします~! (。> <)ノ


BLOOD+エクセレントモデル BLOOD+ 音無小夜
(定価)¥5,400
(価格)¥3,024
通常24時間以内に発送

BLOOD+BLOOD+ vol.10
(定価)¥6,300
(価格)¥4,914
予約受付中

 BLOOD+ 2007年度版 カレンダー
 (価格)¥1,890
 予約受付中

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/03(日) 10:00:15|
  2. BLOOD+
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<THE BRIDGE:機動戦士ガンダムSEED ~ SEED DESTINY | ホーム | 恒例の月初め更新 ~ 2006年9月ばーじょん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/426-0f5f7869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) BLOOD+ 第47話 「すべての血を超えて」

BLOOD+(10)ディーヴァへの裏切り・・・それは破壊の女神の逆鱗に触れ、ソロモンは瀕死の重傷を負わされます。囚われの身となった彼の元を訪れるジェイムズ。彼は絶望の淵に立たされたソロモンに、小夜を殺すことを告げます。一方、ディーヴァの衛星中継を阻止すべく動き....
  1. 2006/09/04(月) 08:39:09 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。