トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ACT-352 FF12 PLAYING DIARY vol.18

第18章:断ち切れないもの


戦争を望まないラーサーの苦心の提案で
『神都ブルオミシェイス』を目指すことになったんですが


『ゴルモア大森林』がヴァンたちの通行を拒んでるらしい!?(爆)


まぁ・・・自然には逆らえないですからね

さらに、バルフレアにも何やら不穏な動きが見られる中

フランの見つめる先に一本の道ができるのだった・・・・・


フランの過去


いきなり『ゴルモア大森林』って、どうゆう事!?


って方もいらっしゃると思うんで、とりあえず説明


第17章の最後が『ガリフの地ジャハラ』なんですが

戦士長からフランの武器を貰うのと同時に
“1回だけ”タダでチョコボに乗れる権利をくれたんで

一気に『オズモーネ平原』をチョコボで駆け抜けて

勢いそのままに、『ゴルモア大森林』の行き止まり地点まで達したってわけ


まぁ、ここの敵とは後々戯れることにして


とりあえずは、ストーリーを進めていきたいと思いま~~す!!(笑)


で、フランが何かを唱えたかと思うと

これまでは無かった一筋の道ができ、恐る恐る進むことに!


ヴァンたちの目の前に現れたのは“秘密の楽園”!? <違っw


ヴィエラ族の住む『エルトの里』
つまりは、フランの故郷ってとこなんですが

当人のフランには笑顔はなく、むしろ渋い表情を・・・・


森を捨てた過去は、簡単には断ち切れないようです! <キレイにまとめてみた(笑)


森から一歩も外に出ないヴィエラ族にとって
ヒュム族と交わったヴィエラは、仲間でも何でもないらしく

悲しすぎることに、歓迎ムードは一切無く


「ヒュムと話す言葉は持っていない」とまで言われる始末orz


ミストナックで瞬・・・なんて、これっぽっちも思ってませんよっっ!!(汗)


ここで、フランから“ミュリン”を探すように言われるんですが

この『エルトの里』には不在らしく
現在は、『オズモーネ平原』南部に位置する『ヘネ魔石鉱』にいるとのこと


もちろん、ラーサーにもお付き合い願います!!(笑)



さすがは貴族


パーティ:ヴァン Lv.24・バルフレア Lv.24・フラン Lv.24
     バッシュ Lv.24・アーシェ Lv.24・パンネロ Lv.24
ゲスト:ラーサー Lv.25

場所:ゴルモア大森林



では、予告通りモンスターと戯れたいと思います~!(笑)


現時点で、戦うことのできるここに生息する敵は

パンサー・モルボル・ガーゴイル・トレントの4種類 <倒せる圏内ってことでw


でもでも、トレントは結構HPが高いし
こちら側から仕掛けていかない限り、攻撃してこないんで

とりあえずは無視して、パンサー・モルボル・ガーゴイルを相手に!


戯れ方はもち、できるだけ多くの敵を集めるだけ集めて

ミストナック連携での追加効果で一掃してしまう、というもの(爆)

※“ミストナックで一掃”コンボと命名


一応、相手の力量を測るために

パンサーに対して“バカの一つ覚え”コンボを適用したんですが・・・・

周りから、ゆかいなお仲間たちが集まってきて


あえなく瀕死+ラーサーがアイテム使いっ放し!?(笑)


武器買うギルの募金活動がしたいくらいですよ・・・(泣)<もちろん、全員分のw


そんなパーティの抱える財政難を尻目に
ラーサーは“ハイポーション”ばっかり使うワナorz <むしろありがたい?


コイツに全員分の装備類+魔法買わせるってのはどう? <出来たらやってるw


まぁ、フラン・バッシュ・アーシェはマシで

案外バルフレアの初期装備も50前後の安定したダメージ与えてたりするんで


ヴァンとパンネロだけでも補強しないとね~~(苦笑)


そんなくだらない事を考えてる間にも
セーブクリスタル+“ミストナックで一掃”コンボを多用して

ラーサーと同じくLv.25まで成長させたんですが


ミストナック無しで勝てる日はいつになるんだろ・・・・(泣)



人助けの見返り


ある程度、レベル上げにも飽きたので

『ゴルモア大森林』の入り口にまで戻り
ヴィエラの“ミュリン”を探しに『ヘネ魔石鉱』へ・・・・


って、行けねぇ~よっ!?(汗)


一応『オズモーネ平原』のマップは持ってるんで

『ヘネ魔石鉱』への道は分かるんですが、その道が分断されてて・・・


とりあえず、ミストカートを使い切って帰還!(爆)


こんな時でも“小さいことからコツコツと”

経験値&ライセンスポイントを貯めていきまぁ~~す! <それしかやることないしw


すると、『ゴルモア大森林』の入り口に帝国兵が2人倒れてたんですよ!?


明らかに、話しかけないと
『ヘネ魔石鉱』へは行かせないぞ!的な倒れ方

話しかけてみました・・・とりあえず


帝国:仲間が死にそうなんだ・・・・
   ポーションを分けてくれないか?



即決でお断りぃ~~っ!!(爆)


けど、何もイベントみたいなのは起こらず
むしろ帝国兵との間に、何とも言えない微妙な空気が・・・


・・・・・・・・・


ブルーのターゲットラインは・・・・伸びないのね・・・・orz


・・・・・・・・・



分かりましたよ! あげればいいんでしょ!? <当たり前


ラーサーもポーション出してくれないんで
渋々、と~っても貴重な年代物のポーションを分けてあげると


期間限定・チョコボ乗り放題権、獲得~~~~~っ!!


ってか、3000ギルで売っても良かったかも(笑)<出来ないw


とにもかくにも、このチョコボのおかげで

チョコボにしか進めない道を進み、『ヘネ魔石鉱』にたどり着くのだった・・・


to be continued …


※FINAL FANTASY XII PLAYING DIARY 目次は、コチラ



シナリオアルティマニアファイナルファンタジーXII
シナリオアルティマニア

(価格)¥1,500
予約受付中

バトルアルティマニアファイナルファンタジーXII
バトルアルティマニア

(価格)¥1,600
予約受付中

 ファイナルファンタジーXII オリジナルサウンドトラック
 (価格)¥3,990
 予約受付中

テーマ:ファイナルファンタジーXII - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/05/21(日) 17:06:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ACT-353 ブルデュエルガンダム特集 | ホーム | ACT-351 第45回 静岡ホビーショー その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/352-325c36d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。