トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ACT-276 折れたココロ <後編>

Episode-19 「折れたココロ」

Episode-19「折れたココロ」<前編> は、コチラ

リクが熱でダウンし
邪魔者がいなくなったところで、いよいよ本題へ

と言ってもいられないので

小夜は、とりあえずアイスピックで氷を割って
リクの看病する用意を着々と進めてるわけですが・・・


何か、サスペンス系に出てくる犯人っぽい!?(爆)


エリ:不思議ね・・・
   あなたみたいな人が、翼手の狩人だなんて

小夜:え・・・!?
エリ:戦う意味も知らず、戦う相手のこともよく分からない
   戦わされているということにすら気付かない!!



まさに、シン・アスカに言ってやりたいセリフ!(笑)


ってか、この手のやり取りって
主人公に必ずと言っていいほど、ついて回りますから・・・

シンだって、アスランの説得みたいなの受けてたし~


エリ:あなたが翼手を倒すことで、傍にいる人間が
   必然的にその戦いに巻き込まれていくことになるの!

小夜:う・・・
エリ:そして、その人間は大切な何かを失うことになる・・・
   悲しい現実だわ!!



あぁ・・・この2人の会話の尺長すぎっ!!orz


なんか単調すぎて、飽きてきてるんですが
もうしばらく、我慢して聞きましょう・・・あともう少し(苦笑)


小夜:リーザさん、何だかおかしいです!!
   さっきから何なんですかっ!?

エリ:別に・・・あなたに興味があるだけよ
   人を超える種族を狩るあなたに・・・・

小夜:私に言いたいことがあるなら、はっきり言ってください!!



小夜さん、ありがとうございまぁ~~す!! <何w


まだ、小夜と偽エリザベータとの一騎打ちは続くんですが
小夜がキレてくれたおかげで、単調さの打開には成功~~!(笑)


エリ:赤く炎で覆われたベトナム
   白い雪の中、異形の化け物と戦ったシベリアの大地・・・

小夜:止めてっ!! もういいです・・・・
エリ:そして、あなたは知っているはず!
   その手を真っ赤な血で染めてきたことを



小夜の洗脳まで、あと一息っ!!


一瞬・・・ほんの一瞬だけ、シベリアの記憶が横切ったんですが
もうちょっと、そこんとこを尺長めにして欲しかった・・・

で、洗脳完了直前の小夜を救出すべく


ハジ緊急参戦キターーーー(゜∀゜)ーーーー!!


小夜:あれは・・・私じゃない・・・
エリ:・・・だと、いいのにね



最後まで嫌味なヤツですよ・・・全く

でも、アレが小夜なんだとしたら
色々と不可解な点が出てくるんですよね・・・・

だって、全然年とってないし・・・ <逆に若返ってる気がw


小夜:何で、あなたが私の夢を知ってるの!?
エリ:ふっ・・・
ハジ:貴様っ!!
小夜:あなたはエリザベータさん・・・・?
   いや違う! あなたは誰なのっ!?



このセリフを、どんだけ待ち焦がれたことか(笑)

確かに、翼手に変身能力があるとは考えにくいにしても
ロシアに到着したときの、エリザベータの出迎え様と比較すれば・・・

で、戦わなければならない雰囲気になったんで
とりあえず、ハジ特攻~~~っ!!


アン:道を外れたシュヴァリエが、私に牙を向けるか!?


うぉ・・・・ヴァン師匠っ!? <アビスネタ


じゃなくてw

エンディングロールから推測するに
「アンシェル」というキャラが偽エリザベータになってる模様


エリ:ラストクエッション
   あなたは誰のために生きているの?
   あなた自身の望みは何?

小夜:私を必要としてくれる人たちのために、翼手を倒すこと!!
エリ:そう・・・・・
   残念だわ、とっても!!



ラストクエッションってきたら

「ふしぎ、発見っ!!」だろ!? <あれはラストミステリーかw


で、そんな「ふしぎ」を発見する間もなく

ハジが、ホテル3階か4階の窓から吹き飛ばされ
追い討ちをかけるかのごとく、アンシェルがハジ直撃のダイブ~!!


流れ上、小夜も飛ばないといけなくなったためw

そんなに足がすくむこともなく、ナイスジャンプ!
しかも・・・平気っぽいんですけど?


小夜:許さない!!
エリ:許さない?
   その気になれば、いつでもあなたの命を奪うことが
   出来たこの私をあなたが?



そう! その点ですよ、不可解だったのは!!

そりゃ、“主人公だから”殺すわけにはいかないんでしょうけど


エリ:あなたも気付いているはずだわ!
   自分が人ではないということに!!



やっぱり? <えw


あんだけのジャンプして平気だと
運動神経が良い悪いの問題じゃ片付かないし・・・

ちなみに、自分の場合

階段10段くらい飛ばして降りたら
足にかなりの衝撃を受け、ものすごく後悔した覚えが・・・・
(苦笑)



エリ:とっくに分かっていたはずよ!
   あなた自身も、あなたが狩ろうとしていた翼手だということを!!

小夜:私が・・・!?
エリ:あなたもまた、翼手なのよ!!



なんとなく予想できた展開・・・orz

翼手を倒すことのできる血を持つ唯一の人間って
人工的に作られてるんじゃないかというフラグが立ったり


ってか事実を知ってから、あれこれ言うヤツ


ハジ:小夜・・・・
エリ:あなたは全部知っているくせに
   全てを教えてあげないのね、ハジ!!
   卑怯なのかしら・・・それほどまでに小夜の傍にいたいのかしら?
   シュヴァリエとしての定めに逆らってまで



ハジもかなり強いはず・・・なんですが
偽エリザベータ(アンシェル)がハジの腹部を一撃貫通!!

で、小夜が種割れ
某主人公みたく、叫びながら剣を振り回すだけの

敗北確定の超単調攻撃っ!(爆)


小夜:何で!?
エリ:遊びはお仕舞い!!



“守護氷槍陣”炸裂~~~~っ!! <これまたアビスネタ


さすがはヴァン師匠ですね~ <違っw

小夜の唯一の武器もポッキリと・・・・


エリ:いいこと教えてあげる!
小夜:あ・・・
エリ:あなたには家族がいるのよ、本物の家族が!
   文字通り、血を分けた妹よ!! 私たちのディーバ

小夜:ディーバ・・・いもう・・・と!?



だから、ディーバって何なのよっ!?


個人の見解としては
ディーバは、翼手の親のようなものなんじゃないかと・・・

※どなたか、詳しい説明をお願いします m(_ _)m


カル:行かないのか?
モー:ここは退く!
カル:求めるものが、目の前にあるんだぞ!?
イレ:まだ、シュヴァリエがいるわ!


アン:ふっ・・・シーフか、面白い!
   かくして、世界は血に彩られるか・・・



たぶん・・・ですがw
翼手とヴァンパイアさんたちは敵対してる感じ~

色々と新キャラが登場してきて
正直、訳が分からなくなってきてるんですよね(苦笑)

で、ホテルに戻ってきたデヴィッド一行は


カイ:小夜は?
   ・・・ん!? 何だよ、それ?

デヴ:中庭に落ちていたそうだ・・・
   そして、コレが隣の部屋にあった



小夜は“うそつき”という手紙を残し
アンシェルの言う、誕生の地である動物園へ・・・・


今回は補足トリビアする内容が無かったのでパスの方向で



BLOOD+(1)
BLOOD+ (1) 完全生産限定版
(定価)¥3,675
(価格)¥3,280
通常24時間以内に発送

BLOOD+(3)BLOOD+ (3)
(定価)¥6,300
(価格)¥5,040
通常24時間以内に発送

 BLOOD+ (4)
 (定価)¥6,300
 (価格)¥4,914
 予約受付中

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/02/24(金) 17:54:10|
  2. BLOOD+
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ACT-277 スペシャルエディションⅠ ~砕かれた世界~ | ホーム | ACT-275 SEED THE HYPER HYBRID MODE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/276-79591cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。