トリビアな雫

ガンダム中心で展開するズタバタ・ブログ ~ガンダム00はまだ終わらない、映画化決定!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ACT-170 ミーア <後編>

PHASE-47 「ミーア」

前編は、コチラ

ミーアの日記には、自らの平和への願いが書かれていたのを見て
アスラン、再びプチ脱走~~っ!?(爆)
さらには、アスランを撃墜すべくキラ発進っ!!

ちなみに、キラのアスラン撃墜率は100%です!!(笑)

この頃つくづく思う・・・
この仕事ってホントにスゴイ! ただ歌うのとは違う
議長と私の言葉で、世界がどんどん動いてく


特に、デュランダルの言葉で・・・


ラクスとしてのミーアの言葉は、デュランダルの真意を曇らせ
正当化させるためのものでしかないんだけど
まぁ・・・
みんなラクス様が言ってるんだと思って聞いてるんだろうけど
でも、今言ってるのは私! 今いるのは私!
だから、これは私の言葉!!


何も疑うことなく、ただ自分の役割を果たすために
懸命に走り続けてきた結果、ついに自分がラクスなんだと・・・

初めは、ラクスの代わりだということも分かっていたはずなのに
ラクスとしての時間が経つにつれて、錯覚を起こし始め
ミーアが自分を失っていくことに・・・

アスランっておかしい・・・
だって、議長の言う言葉は正しいのよ!?
なのに、何でこんなことするのぉ~っ!?


議長は自分の認めた役割を果たす者にしか用は無い!
いつまでも、そんなことしていられるわけないだろっ!!


私はラクスなの・・・ラクスがいい!!


まぁ・・・アスランはおかしいですっ!(笑)

ザフトに入隊したり脱走したり、再び入隊したり脱走したり・・・
キラから離れては戻り、再び離れては戻り・・・
回り道が大好きみたいですねぇ~w

オレが最初に認めなきゃよかったんだ・・・
こんなことはダメだと

うん・・・
でもやっぱり、すぐにはそんな風には言えないよ
後になんないと分かんないことも多くって・・・



やっぱり、キラはアスラン撃墜に成功~~!(笑)

確かに、ミーアに対して当初は冷たかったものの
ミーアの思いを知るにつれ、それも仕方ないと思ったんでしょう・・・
ラクスが暗殺者に狙われたことを知るまでは

デュランダルの思うがままの戦士でしたからね、アスランは!

ボクもラクスも、狙われたりしなきゃ
デュランダル議長のこと、信じてたと思うんだよね・・・
戦わない方がいいって言った人だもん!!
でも、ラクスはこうだからって決められるのは困る
そうじゃないラクスはいらないとか・・・

あぁ・・・
そんな世界は傲慢だよ!
だろうな・・・


ラクスのことばっかり気にかけるのはいいんですが
そういうキラも役割を決められてたわけで・・・

あれほどの力、正しく使えば
どれだけのことができたかわからないというのにね

その力と役割を知り、それを活かせる場所で生きられたら
彼自身も悩み苦しむこともなく、その力は称えられて
幸福に生きられただろうに・・・


クルーゼの言うように、史上最高のコーディネーターであるキラを
単なる“力”のある人間としてしか見られてない!?

ラクス・クラインって・・・誰のことだった? 私??
議長は大丈夫だって言ってた・・・私が世界を救ったって
そうだよね? 私がやった!!
だから、私が!?


ミーア、ラクスとしての覚醒の瞬間!?

自分とラクスが違うことは頭の隅にはあるんでしょうけど
ラクスとして発せられる言葉は、確かにミーアの言葉なわけで
その言葉が世界を救ったなんて言われると・・・

私・・私の歌・・命・・・どうか忘れないで

忘れないわ、ミーアさん! 私は決して・・・


ミーアは花びらで埋まった棺桶に納められ
アークエンジェルクルー全員に見送られることに

そんな中、デュランダルが何やら声明を・・・

今、私の中に皆さんと同様の悲しみ、そして怒りが渦巻いています

なぜ、こんなことになってしまったのか!?
考えても意味のないことと知りながら
私の心もまた、それを探して彷徨います・・・

こんなことは、もう二度と繰り返さないと・・・
にも関わらず、ユニウスセブンが落ち、努力も空しく
またも戦端が開かれ、戦火は否応なく拡大して
私たちはまたも同じ悲しみに苦しみを得ることになってしまいました


何を言い出すのかと思えば・・・
そんなことより、オーブからのラクスの声明について
さらには、プラントのラクスについてのコメントはなし・・・

一連のロゴスとの戦いについて述べることで、完全に話をすり替え
ラクスとの舌戦を期待したんですが・・・
デュランダルがまさかの逃げの一手を打ってきましたよ!?

で、当のデュランダルは口調を荒げて

一つには、先にも申し上げた通り
間違いなく、ロゴスの存在所以ですっ!

だが、我々はようやくそれを滅ぼすことができました
だからこそ、今私は敢えて申し上げたい!!



始まったわよ!?
はい・・・


アークエンジェルのみなさんは心の準備はできてるからいいとして
これまで、デュランダルを信じてきた人は唖然・・・

オーブは敵だと、ラクスの言葉を聞かなかった罰ですよ!!(爆)

我々はもう一つの敵と戦っていかねばならないと
そして我々はそれにも打ち勝ち、解放されなければならないのです

常に存在する最大の敵
それは、いつになっても克服できない我ら自身の無知と欲望だということを


カガリも、イザークもディアッカも聞いてますね・・・

イザークとディアッカなんて、どういう思いなんだろ?
突如として現れた“本物”のラクスを見て驚き
自分たちの信じていた平和の真実を知った今となっては・・・
それでも、ザフトとして戦うのか!?

一方のカガリは、ついに来たかという感じ

なんですが・・・
オーブ代表首長だから仕方ないのは分かってますが
やっぱり、宇宙に上がってきた方が盛り上がるよねぇ・・・何かと

地を離れて、空を翔け
その肉体の能力、様々な機密をも手に入れた今でも
人は未だに人を分からず、自分を知らず
明日が見えない、その不安

同等に・・・いや、より多くより豊かにと
飽くなき欲望に、限りなく伸ばされる手
それが今の私たちです!!


クルーゼと関わると、人間が否定的に見えるのか
それとも・・・デュランダルがクルーゼに吹き込んだのか・・・
とにかく、真の平和のために討つべき最後の敵がココにいます!!

争いの種は、全てそこにある!!

だが、それももう終わりにするときが来ました!
終わりに出来るときが

全ての答えは、皆がすでに自身の中に持っている!!


ギルバート・・・・
議長・・・


ギルバート・・・って囁くタリアもどうかと思うけど
最高評議会議員の方々も驚きを隠せない様子・・・


つまりは、デュランダルの暴走~~っ!!

あまりにも唐突な、ましてや自分の中に敵がいるなんて言われて
正直・・・デュランダルに従おうとは思えない気がする・・・

現に、シンもアスランの言ってたことが分かりつつある・・・かなw

これこそが、繰り返される悲劇を止める唯一の方法です!
私は人類存亡をかけた最後の防衛策として
デスティニープランの導入実行を今ここに宣言致しますっ!!


--- 今回のレイ・ザ・バレル ---
ついに、デュランダル&レイの思惑通り
“デスティニープラン”の導入&実行が宣言され

キターーーー(゜∀゜)ーーーー!!

ってな感じの、今回のレイ!?

全てはギルのため!!

これまでの努力が報われるときが来たわけですが
共に戦ってきたエースパイロットのシンは疑問を持ち始め
さらには、その世界の実現を阻止すべく
再び、ストライクフリーダムインフィニットジャスティスが立ちはだかることに・・・

レイは何を思い、何を成すのか!?

その前に、そろそろレイの出生の秘密が知りたいところ
クルーゼやデュランダルとの関係とか・・・w

それにしても、またレイは一言もしゃべらなかった・・・(笑)

次回予告
確かに望んだ 戦いの無い世界を、平和な日々を
ならば、これこそが取るべき道か

次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY 「新世界へ」
その定め、貫け! デスティニー!!

TO BEFORE PHASE
TO NEXT PHASE

Voice I-doll キラ・ヤマトVoice I-doll キラ・ヤマト
(定価)¥1,890
(価格)¥1,660
通常24時間以内に発送

HCM-Pro デスティニーガンダムHCM-Pro デスティニーガンダム
(定価)¥2,100
(価格)¥1,840
予約受付中
キット詳細はコチラ

機動戦士ガンダムSEED 連合 VS Z.A.F.T プレイヤーズリファレンスブック付き
(定価)¥7,140
(価格)¥6,069
予約受付中
  1. 2005/09/14(水) 20:00:36|
  2. ガンダムSEED
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ACT-171 ストライクフリーダム・レビュー | ホーム | ACT-169 ミーア <前編>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trivialdrop.blog30.fc2.com/tb.php/170-8dcb532d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。